2005.11.26

Web2.0

Web2.0とは何か?統一された定義としては明確でないが、Webの新しいあり方、先進のWebや次世代的なWebの技術が組み合わされた世界とでも言うようなもの。
O'Reilly: What Is Web 2.0
Web 2.0 - Wikipedia

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2005.10.22

世界情報社会サミット(WSIS)

World Summit on the Information Society
インターネットガバナンスが争点だそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.01.24

知を高める仕掛け

Nikkei Net「BizPlus」第38回「ITを駆使する研究開発戦略(上)――研究者の知を高める仕掛け」によると、

「最先端かつ最高のナレッジを集めるには、「ダイナミックなナレッジネットワーク」に関する考察が不可欠だ。」

とのこと。 「ダイナミックなナレッジネットワーク」とは、米ペンシルベニア大学ウォートン校のロリ・ローゼンコフ(Lori Rosenkopf)教授の研究対象。"次数中心性"や"媒介中心性"の概念が定義されている。

「研究者にとって価値あることとは、自身のアウトプットをアウトカムに転じ、さらにその価値を高めることである。アウトカムを高めるには一部例外を除き、おおむね「次数中心性」と「媒介中心性」の両方をを高める(B型参加者価値曲線に沿う)か、「媒介中心性」を高める(A型参加者価値曲線に沿う)ことが必要条件となる。」

要旨をまとめると、成果(アウトカム)を高める型は2つあるが、結局、「情報のインプット:次数中心性情報の経由:媒介中心性の数を高めることが、成果を高めること。」と言えそうだ。情報を沢山得て、情報の流れの経由者になれということ。すなわち、パスを増やし、(質の高い)情報網を作るべしということ。、blogのようなツールは成果を高めるのに有用となる。次は、情報の質と関連度を高めるシステム「知を高める仕掛け」が必要になるのでは?

【出典】
Nikkei Net「BizPlus」第38回「ITを駆使する研究開発戦略(上)――研究者の知を高める仕掛け」
【関連】
ゼロからの研究開発戦略 第3回「新技術に意味を見出す方法」
Wharton Faculty - The Wharton School of the University of Pennsylvania

| | Comments (0) | TrackBack (0)

その他のカテゴリー

blog | book | browser | CMS | cocolog | event | Google | ipod | knowledge | logo | mobile | RSS | Search Tool | software | tool | weblog